Agroecologyを勉強中!!

Agroecologyをキーワードに、トビタテ留学でカリフォルニア州で農業インターンしたり、キューバに渡航したり。生態学をフル活用した農園を作って、自給自足したい!生態系のごとく厳しく複雑な今日の農業ビジネス界で、理想を実現しながら、しぶとく生き残るためにニッチを模索中。

雨水 ~春が待ち遠しい!これから三寒四温のはじまり~

2月18日は雨水「うすい」

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227092321j:plain

17日の昨日は温かかったですね!日本のいろんな場所で春一番を観測したとか。

立春が2週間前ですが、ようやく春の兆しを感じ始めました。

雨水の言われは、これまで降っていた雪が雨に変わるからだそうです。

先週の大雪で、今も鳥取の路肩には雪の塊が積もっていて、そこらじゅう小川や水たまりができていますが、これからの雨で、どんどん溶けていくってことですね!

これから三寒四温で暖かくなり、雨も降るとなれば、これまで雪の下で冬を過ごしていた草木が緑になりだすということですね!
雑草を刈るなら今のうち。畑仕事の色んな準備をそろそろ始める季節です。

まだまだ厳しい寒さが身に染みますが、春に近づいてくる実感が持てて、なんとなくワクワクする季節で、僕は結構好きですね~。

 

それでは、写真で、この立春~雨水の72候を振り返りましょう!

 

  • 初侯:東風解凍(とうふうこおりをとく)東の風が氷を解かす!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085205j:plain

(2/14 鳥取大学図書館前)

いやー、大雪が残っていますね~。少し暖かい風も吹きましたが、なかなか氷は解けないですね~。ヴィーナスもさむそー。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085237j:plain

(2/15 @鳥取城のお堀)

鳥取の冬にしては、珍しく気持ちのいいお天気でした!徐々に氷が解けてきているところもちらほら。

 

  • 次候:黄鶯睍睆(こうおんけんかんす)ウグイスが鳴く!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085737j:plain

(2/15 @鳥取城のお堀)

やっぱり、まだまだ寒くて、鶯(うぐいす)を見つけるのは難しかったですね~。代わりと言っちゃなんですが、鳩がいました。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085747j:plain

(2/18 湖山川)

こちらも別の鳥。ツル目クイナ科の「オオバン」って鳥みたいです。詳しくはコチラ

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085844j:plain

(2/25 石ケ谷公園 梅園)

期間外ですが、最近、おお!?うぐいすかな?って思った鳥が梅の木にとまっているのを見つけました!残念ながらこちらは「メジロ」。綺麗な鶯色をしていますが、目の周りが白いですね~。

 

  • 末候:魚上氷(うおこおりにのぼる)割れた氷の上に魚が泳いで上がってくる!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085907j:plain

(2/18 湖山池)

オオバンが、ぽちゃぽちゃと水中に潜っていました。どうやら、水中には魚がいるようですね!氷は無いですが、のぼってきてるみたいですね! 

 

次の雨水~啓蟄の72候は・・・

二十四節気と七十二候|暦生活より。このサイトはオススメ)

・土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

雨水や雪解け水で土が潤いはじめて、土中の生物が目覚めて、活動し始める!
・霞始靆(かすみはじめてたなびく)

花粉や黄砂の飛来が始まりますね!僕が現代版72候を作るなら「マスク箱買いする」

草本萌動(そうもくめばえいずる)

暖かくなって、草木の緑の芽が出てくる!

 

この2週間も、身の回りをじっくり観察して、春の訪れを感じたいと思います!