Agroecologyを勉強中!!

Agroecologyをキーワードに、トビタテ留学でカリフォルニア州で農業インターンしたり、キューバに渡航したり。生態学をフル活用した農園を作って、自給自足したい!生態系のごとく厳しく複雑な今日の農業ビジネス界で、理想を実現しながら、しぶとく生き残るためにニッチを模索中。

留学後の大学生活で「トビタテ留学が活きている!」と実感した3つの場面

卒業論文、自分の地域活動、就職活動の3つ場面でトビタテ留学での学びが活きているなと感じました。

 

【私の留学の概要】

Agroecologyという学問を学びにアメリカに10カ月間、キューバに1か月間留学しました。Agroecologyについては、たまたま大学図書館で手に取った本で知り、「環境負荷の低い農業」「持続性」「伝統農業」といった観点から興味を持ちました。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914170257j:plain

ミゲルアルティエリのAgroecology

(アメリカ)
アメリカのMESAという組織の農業インターンプログラムに参加して、10カ月間でCalifornia州の4つの農場を回りました。朝~夕は農場で農作業をしたり、farmers' marketで販売をしたりしながら現場での経験を積み、夜はMESAの提供するeラーニングシステムでAgroecologyについて体系的に学びました。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913164028j:plain

サンディエゴのSolidarity Farm

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161028j:plain

サンディエゴのChino Farm

キューバ

キューバではFood Firstという組織が企画・運営しているスタディツアーに参加して、キューバの農場やパーマカルチャーを実践している活動家を訪ねて回ったり、キューバの有機農業やコミュニティについて研究している方のお話を聞いたり、ディスカッションをしたり、兼業農家にホームステイさせてもらったりしました。

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181141p:plain

Food Firstのプログラムに応募!

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181409j:plain

キューバの先進的な有機農場:アラマール農場

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181353j:plain

有機栽培しているタバコ畑


 

【留学が活きている!】


卒業論文、自分の地域活動、就職活動の3つにトビタテが活きたと感じています。

価値観が変わったり、異文化理解が深まったり、語学力がアップしたりということはもちろんですが、それらはあくまで副産物。自分のトビタテ留学の目的としていた学びの内容について書きたいなと思います。留学後の大学生活は、ほんの1年間でしたが、留学で得た様々なヒントは早速活かせています。

 

その1★卒業論文のテーマを選ぶとき


農業法人労務管理と従業員属性ごとの職務満足傾向」というテーマで卒論に取り組みました。僕は「国際農業開発学」という研究室に在籍していて、農業経営学の中でも、「人という経営資源をいかにうまく活かすか?」ということを明らかにしようとする「人的資源管理」に興味があったからです。

留学中のとある実体験が動機となり、そのような興味が生まれました。

それは4カ月間インターンする予定だったB農場を2週間で離職してしまったことです。

その農場に移る前にインターンしたA農場では、6か月間とても充実して献身的に働いた実感があり、実際にA農場のオーナーやマネージャーからも評価されていました。

 だからB農場でも4カ月間同じようにインターン出来るだろうと考えていたのです。しかし、実際は2週間が限界でした。

 

仕事に対する感じ方がA農場とB農場で違った大きな要因は、マネージャーとの関係性だと感じていますが、その違いが生まれた仕組にとても興味がわきました。関係性が悪かったことを農場のマネージャーのせいにするのは簡単ですが、どうもその説明だけでは納得がいかず、様々なことを考えました。

自分自身に問題があったのか?
経営者と従業員のコミュニケーションに問題があったのか?
農業経営に特徴的な構造的な問題なのか?
農業者の離職の現状は?
どのような離職要因があるのか?etc.

これほど農業法人の従業員の「離職」にこだわるようになったのは、自分自身が複数の農場でのインターンと離職を経験し、強烈な当事者意識が芽生えたからです。留学後になって思えば、B農場にもう少し在籍していれば、もっと学べたかもしれない。離職がネガティブに働いたかもしれない。と後悔することもあります。だから大学卒業後、就職してから、離職・転職について考える場面が来た時は、もっと客観的に考えて判断できるようになりたいと思いました。

このように、実体験は強烈な問題意識と、それに関する当事者意識につながります。
様々な実体験を得られる留学は、とても貴重な機会だったと感じています。

 

その2★自分の地域活動を考えるとき

 

nanitabe.com

鳥取なにたべ!は鳥取の飲食店をSNS・WEBサイト・スマホアプリで紹介する有志のグループです。

トビタテ前から取り組んでいましたが、トビタテで「自分の軸を探す」ということに取り組み、留学中にそれに関するアンテナをたくさん立てて活動して様々な学びを得た結果、それらが鳥取なにたべ!の活動へのヒントになりました。

今のところ大きなヒントは2つありました。

地産地消に取り組む農家は農家自身が情報発信に積極的に取り組んでおり、SNSやWebサイトを活用し、仕組を作っていること。

②環境にやさしい農業などの普及には、生産者の問題意識を高めるだけではなくて消費者の問題意識を高め、消費者を巻き込んでいく取り組みが欠かせないこと。

 

これらのヒントを得て、これからは飲食店の紹介だけではなく、以下のことにも取り組んでいこうと考えています。

鳥取地産地消に取り組んでいる飲食店の紹介

②そこで使われている農産物の紹介

鳥取の一次産業に携わる方のドキュメンタリー動画・インタビュー記事の製作

④地域の定期開催の朝市などへの参加


トビタテでは、しっかりと留学の目的を探す事前研修と、学んできたことを整理して活かし方を考えたり、動機づけたりする事後研修があるので、ただ外国に行って知見を広めるだけではなく、留学後に何らかの形で学んだことを活かすことにつながりやすいと思います。

  

 

 

その3★就職先を考えるとき

 

僕は鳥取県八頭町にある大江ノ郷自然牧場に就職します。

www.oenosato.com

 

この会社は、自分がトビタテの2次試験のプレゼンで発表した「留学後に取り組みたい事業の構想」を具現化したような場所です。

 

農業の6次産業化

幅広い世代に対する食育

地産地消の取り組み

農泊などの地域を巻き込む取り組み

総合的な体験型学習施設

田舎の資源を活用したグリーンツーリズムetc.

 

大江ノ郷自然牧場での面接では留学の目的や、それに関する問題意識、自分の価値観などなど、トビタテの申請書の作成から事前研修、留学、事後研修に至るまで、ずっと考えていたことをお話しするだけでした。兵庫県出身ですが、鳥取のど田舎にIターンして、大江ノ郷自然牧場で働くことを心の底から楽しみに思っています。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20180308151442j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20180308151446j:plain

 

 

最後にこのように留学での学びを活かせている3つ理由を挙げたいと思います。

①留学の目的設定と、問題意識を深めること

問題意識と留学の目的に一貫性があると、留学中の学びが留学後に活かしやすいと感じています。これはトビタテの事前研修の様々なワークショップに真剣に取り組んだからだと思います。

 

 ②留学後の学びの整理とモチベーションづくり

トビタテの事後研修で、留学の学びを今後に活かす気持ち作りをしてもらいました。

 

③トビタテのコミュニティ

留学場所は違えど、一緒に留学した仲間がいて、Facebookなどで各々が頑張っている様子を見ると、自分も頑張ろうとやる気になります。留学前も、留学中も、留学後も、多くの刺激をもらいました。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

留学での学びを留学後の大学生活に活かすことに少しでも役立てて頂けたら嬉しいです。

アグロエコロジーとは? 僕がどうやって勉強してきたかについて

正直、まだ、アグロエコロジーが何なのか、ぼやっとしか分かっていません。

ブログのタイトル通り「Agroecologyを勉強中!!」です。

Agro=「農業の」、ecology=「生態学」なので、

文字通り訳せば「生態学の知見を農業に応用するための学問」ということなのですが、

重要なのは「なぜ、それが必要なのか?」ということだと思います。

これに対する答えが色々あって複雑で難解なので、ぼやっとしか分からないのだと思います。非常にざっくりと考えるなら以下のように説明できるかもしれません。

狭義には、生態学の知見を応用した農産物の栽培の方法論。

広義には、そのような農業が必要とされる社会学、経済学、食や命に関する倫理などに関係していて非常に学際的な学問。

この辺りのことはGoogleで検索してみれば分かるように非常に色々なことが言われているので、ぜひ検索していくつか記事を読んでみてください。こちらのブログがおすすめです。

agroecology.seesaa.net

「文明は農業で動く」

アグロエコロジーという言葉との出会いはこの本の中でした。

このなかなかセンセーショナルなタイトルが目に飛び込んできたのは、偶然でした。

土壌学で教授が紹介されていた、「土の文明史」を読んだことがあったので、なんとなくピンと来たのかもしれませんが、とにかく手に取り、吉田太郎さんの文章を一気に読み切りました。ただ、一読した後には、書かれていることは分かるけれども、農学部で近代農業をバリバリ学んでいる手前、「これ本当?」というのが正直な感想でした。

 

日本では耳慣れない「アグロエコロジー

それでも、なんとなく「アグロエコロジー」という言葉は頭の片隅に残り、気になるようになりました。そもそも日本では、アグロエコロジーという言葉自体が全く新しくて、ご存知の方は少ないはず。勉強したいなと思い検索してみましたが、日本の大学でも、数人の教授が言及されているくらいで、あまり体系だって学べるところは無さそうでした。(2014年の秋)

オランダのワーゲニンゲン大学の修士コースで学べるという情報もありましたが、当時大学2年生の僕はそこまで思い切ることができず、「1年休学して、さくっと学べるような環境が無いものか?」と考えていました。

2014年の2月には「日本アグロエコロジー会議第1回勉強会」に参加したり。

アグリビジネスと闘うブラジルのアグロエコロジーと世界の食料システムの危機 | Alter Trade Japan

 

アグロエコロジストのバイブルを購入

"AGROECOLOGY The Scientific Basis of Alternative Agriculture"

とりあえず、ネットで検索してカリフォルニア大学バークレー校のミゲルアルティエリ教授がアグロエコロジーの第一人者であることが分かり、教授の原著をAmazonで取り寄せることにしました。(今思えば、新しいものを選べばよかったですね(笑))

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914170257j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914170303j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914170306j:plain

 とりあえず、片っ端から辞書を片手に読破。(めちゃくちゃ時間かかりました。)

専門用語がたくさん使われているので、かなり骨が折れましたが挿絵やグラフも描かれていたので、農学部で学んだ土壌学、栽培学、生態学の知識を総動員して、少しは理解できました。

 

実際の畑を見てみたい。農家に会いたい。

農学部生が「畑で学びたい」と思うのは、あるあるの悩み。僕もアグロエコロジーのバイブルを読みながら「やっぱりアグロエコロジーって農業と同じく、実学なのでは? 」と思うようになったので、その頃流行りはじめていた「トビタテ留学JAPAN!日本代表プログラム」を利用して、1年休学して畑で働きながら、アグロエコロジーが活かされている社会の中でアグロエコロジーを学ぼうと考えました。世界中から留学対象地を探し出すために、最初は「agroecology intern」のようなキーワードで検索するところから。

 紆余曲折の末に、米カリフォルニア州でのインターンキューバでのスタディツアーでアグロエコロジーを学ぶことになりました。

 

カリフォルニア州でのインターンでアグロエコロジーを学ぶ

Multinational Exchange Sustainable Agriculture(MESA)というアメリカのバークレーNPO法人が提供する、Agroecologyを学ぶためのインターンシッププログラム。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914175655p:plain

このような画面のWEB学習サービスを使いながら、体系的にAgroecologyを学びます!

各章ではYoutubeにアップされているアグロエコロジー関連の動画を視聴したり、論文を呼んだりして、最後に出される問題に対して、エッセイを書いて提出したり、課題をこなしたりするというのが、一連の流れ。SNSのようにインターン生同士でエッセイについてコメントしあったり、畑での農作物の観察や、農家へのインタビューなどの課題では、インターン先の農家での実践と学問の知識のリンクがあったりと、どっぷりとアグロエコロジーに浸れる工夫がなされています。ポイントは農家で実際にインターンしなければWEB学習サービスを利用できないところ。学問と実践からバランスよく吸収します。

結局以下の3つの農家を巡ってきました^^

tobitate-sanfrancisco-cuba.hatenablog.com

tobitate-sanfrancisco-cuba.hatenablog.com

tobitate-sanfrancisco-cuba.hatenablog.com

キューバでのスタディツアーでアグロエコロジーを学ぶ

 Food Firstという、これまたアメリカのバークレーNPO法人が提供する、キューバのアグロエコロジーを学ぶスタディツアー。

Cuba: Organic Revolution & Evolution : Food First

このツアーはアメリカ人向けで、自分以外にはメキシコ人が1人とアメリカ人10人。普通のアメリカ人はキューバへ行けないのですが、学習目的ということで特別なビザでキューバ入国が許されるツアーなので、かなりしっかりアグロエコロジーを学びに行きます。個人の活動家、大きな農園、政府が推奨するコミュニティガーデン、コミュニティプロジェクト、Cafeを併設して観光にも力を入れている菜園、市場、などなど様々なプレーヤーに会いに行きます。農業省の方との会食もあったりと盛りだくさんです。

もっと英語とスペイン語が話せたら!!と悔しかったです。

ネイティブともっと議論したかったです...

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181141p:plain

 キューバと言えば葉巻!観光地のビニャーレス地区の有機農法栽培の畑

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181353j:plain

キューバのアグロエコロジーの代名詞と言える、Alamar地区の農場も案内して頂きました。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170914181409j:plain

 

 

 

 

 

Solidarity Farm でのインターン

Solidarity Farm

(2016年10月~12月)

Solidarity Farm

https://www.facebook.com/solidarity.farm/

 

#november #farm

Kazuto Sekiguchi 和人関口さん(@agro_ecology)がシェアした投稿 -

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913162811j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913164046j:plain

 

Chino Farm でのインターン

 Chino Farm

(9月前半)

Chino Farm

 

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160444j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160518j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160522j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160534j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160552j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160603j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160611j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160625j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160720j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913160740j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161008j:plain

The Vegetable Shop(Farm Stand)

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161021j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161028j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161034j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161038j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161212j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161229j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161047j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161125j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913161150j:plain

 

 

 

Buttercup Farms Garden でのインターン

Buttercup Farms Garden

(2016年3月~8月)

Welcome to Buttercup Farms Garden !

 garden

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913162742j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913162746j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913152754j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913155843j:plain

温室・納屋

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913152930j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154919j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154932j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154943j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154954j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153435j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153403j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913155135j:plain

お仕事

温室の扉をあけて、苗にあいさつ>水をやる

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153118j:plain

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153157j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153708j:plain

菜園全体を散歩して回る

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153053j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20160720114010j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153014j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153627j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153619j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913155800j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153731j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153748j:plain

Farmer's Market in Clayton

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153837j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153857j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154520j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154126j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154120j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154114j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154106j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154059j:plain

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154333j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154414j:plain

CSA box

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913154452j:plain

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153306j:plain

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170913153633j:plain

雨水 ~春が待ち遠しい!これから三寒四温のはじまり~

2月18日は雨水「うすい」

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227092321j:plain

17日の昨日は温かかったですね!日本のいろんな場所で春一番を観測したとか。

立春が2週間前ですが、ようやく春の兆しを感じ始めました。

雨水の言われは、これまで降っていた雪が雨に変わるからだそうです。

先週の大雪で、今も鳥取の路肩には雪の塊が積もっていて、そこらじゅう小川や水たまりができていますが、これからの雨で、どんどん溶けていくってことですね!

これから三寒四温で暖かくなり、雨も降るとなれば、これまで雪の下で冬を過ごしていた草木が緑になりだすということですね!
雑草を刈るなら今のうち。畑仕事の色んな準備をそろそろ始める季節です。

まだまだ厳しい寒さが身に染みますが、春に近づいてくる実感が持てて、なんとなくワクワクする季節で、僕は結構好きですね~。

 

それでは、写真で、この立春~雨水の72候を振り返りましょう!

 

  • 初侯:東風解凍(とうふうこおりをとく)東の風が氷を解かす!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085205j:plain

(2/14 鳥取大学図書館前)

いやー、大雪が残っていますね~。少し暖かい風も吹きましたが、なかなか氷は解けないですね~。ヴィーナスもさむそー。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085237j:plain

(2/15 @鳥取城のお堀)

鳥取の冬にしては、珍しく気持ちのいいお天気でした!徐々に氷が解けてきているところもちらほら。

 

  • 次候:黄鶯睍睆(こうおんけんかんす)ウグイスが鳴く!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085737j:plain

(2/15 @鳥取城のお堀)

やっぱり、まだまだ寒くて、鶯(うぐいす)を見つけるのは難しかったですね~。代わりと言っちゃなんですが、鳩がいました。

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085747j:plain

(2/18 湖山川)

こちらも別の鳥。ツル目クイナ科の「オオバン」って鳥みたいです。詳しくはコチラ

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085844j:plain

(2/25 石ケ谷公園 梅園)

期間外ですが、最近、おお!?うぐいすかな?って思った鳥が梅の木にとまっているのを見つけました!残念ながらこちらは「メジロ」。綺麗な鶯色をしていますが、目の周りが白いですね~。

 

  • 末候:魚上氷(うおこおりにのぼる)割れた氷の上に魚が泳いで上がってくる!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170227085907j:plain

(2/18 湖山池)

オオバンが、ぽちゃぽちゃと水中に潜っていました。どうやら、水中には魚がいるようですね!氷は無いですが、のぼってきてるみたいですね! 

 

次の雨水~啓蟄の72候は・・・

二十四節気と七十二候|暦生活より。このサイトはオススメ)

・土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

雨水や雪解け水で土が潤いはじめて、土中の生物が目覚めて、活動し始める!
・霞始靆(かすみはじめてたなびく)

花粉や黄砂の飛来が始まりますね!僕が現代版72候を作るなら「マスク箱買いする」

草本萌動(そうもくめばえいずる)

暖かくなって、草木の緑の芽が出てくる!

 

この2週間も、身の回りをじっくり観察して、春の訪れを感じたいと思います! 

季節にもっと敏感になりたい!~せっきーの二十四節気~

今日は立春

暦の上では1年が始まる日!

このシリーズでは、二十四節気のそれぞれの節気を経るごとに1つの記事を書こうと思います。(だいたい、2週間で1記事のペース)1年間を通して全部で24の記事!

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170204230607j:plain

(梅の花。間違いなく春に近づいている!って感じますよね)

 

例えば、こんな感じ

二月の二十四節気の「立春」には、以下の3つの七十二候(二十四節気よりも細かい暦で、二十四節気よりも日本の季節に合っているとか)があります。

東風解凍(とうふうこおりをとく)東の風が氷を解かす!

黄鶯睍睆(こうおんけんかんす)ウグイスが鳴く!

魚上氷(うおこおりにのぼる)割れた氷の上に魚が泳いで上がってくる!

 

この二週間は、これら3つのお題を頭の片隅に入れながら生活して、身の回りで「それっぽい」ものを探し出しては、激写してblogにアップすることを目標にします!

 

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170204230855j:plain

 (昨日の節分の「餅撒き」で頂いた餅と豆。しっかりキャッチ!)

f:id:TOBITATE-Sanfrancisco-Cuba:20170204231008j:plain

(今年は前厄らしいので、護摩で祈祷もしてきました)

 

これを始める理由は?

日本の暦の文化を大事にしたいから。

このブログのタイトルにもある、「アグロエコロジー」ですが、生態学の知見に基づいて農地を管理するには、自然界の生き物の動きには敏感でなくてはいけません。彼らは日々変化する季節に対応しながら生きているので、その変化に鈍感では、その時期毎に応じた適切な管理が行えないのです。この自然の変化の仕方、変化の見え方は地球上のそれぞれの場所特有の地理的な環境(気候や母材)、それによって生み出された生態系、人々の暮らし方などなどによって異なります。伝統的な土着の文化は、これらを反映しています。長い時間をかけて、その土地ごとに応じて改良が加えられてきたからです。きっと、そこから学ぶことはたくさんあるんだろうなと思います。暦には、お百姓さんの知恵が詰まっているはず!*1*2

粋だな~と思うから。

日本には明確な四季があるじゃないですか?自然が1年間を通して移り変わっていく!僕はこのことに対して、すごくワクワクするんです。四季の移ろいに合わせて、日々自分の周りの草や生き物が活動の仕方を変えているなんて!それを感じ取っていける感性って、素敵じゃないですか。そんな心を持っていたいです。

 

*1:もちろん温度計や湿度計を見ながら管理しますけどね。併用すればいいのかなと。

*2:たまたま、この数百年の気候が安定していただけで、それに基づいているものが、気候変動中の今にも通用するのか?みたいな意地悪な質問には、答えようがないです。